symbol

趣旨 ブッダの叡智が息づく聖地、チベットに平和を

 私たち「宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(略称:スーパーサンガ)」は、今日、中国政府の下で、チベット人の生命、文化、民族性を含むアイデンティティすべてが消滅の危機に瀕していることを深く憂慮し、ブッダの大悲に根ざす正当な怒りによって、その是正を強く訴えます。

 チベットでの弾圧が、人類の叡智の結晶ともいえるチベット仏教への蹂躙として進行している現在、チベット問題は、わたしたち人類全体が直面している「慈悲(愛・憐れみ・仁)の危機」を象徴しているのではないでしょうか。

 とするなら、チベット問題の克服とは、人間性を踏みにじる物質主義が謳歌する現代世界に、慈悲の価値を再びよみがえらせることにほかなりません。これらは、日本社会における弱者、自殺やいじめ問題の解決、世界各地に蔓延する暴力と格差と貧困の克服への道と、深く重なり合うものです。

 こうした視点から、私たちはダライ・ラマ14世の提唱する非暴力と対話による解決を支持し、慈悲の精神をもって問題の平和的な解決に取り組みます。私たち日本人僧侶は、ここに宗派を超えて結集し、チベットにおける真の平和と自由を実現していくことを強く求めます。
 

合掌
平成20年06月06日

メンバー構成
代表上田尚道
副代表川端幸夫小林秀英田中利典柳下純悠
参与大樹玄承川原英照林 秀穎吉田正裕
事務局長林 侃道
幹事赤川淨友飯島俊哲大下大圓太田秀雄大西龍心岡澤慶澄金田太郎小野常寛桑原年弘月ヶ瀬悠次郎緑川明世若麻績敬史
顧問石濱裕美子井本勝幸稲葉 香上田紀行鎌田東二黒住宗道クンチョック・シタル坂中英徳田崎國彦平岡宏一三宅善信渡辺貞夫
特別顧問木邊圓慈無着成恭

敬称略・順不同 / 令和4年7月現在

活動

 私たちは、宗派を超え、仏法の慈悲と智慧に基づいて連帯し、チベット人の平和と尊厳の回復を祈念する活動に取り組んでいます。

 ◉チベットの平和を祈念する仏教者の集い
 ◉チベット問題の理解と解決のための学び(講演会・シンポジウム・出版ほか)
 ◉各地・各寺院における追悼・平和祈念法要その他

ご賛同・問い合わせ先

 ご賛同いただける方は[入会のご案内]ページをご高覧ください。